タイトル:スイスから

皆さん、こんにちは。勉強して、やっとブログを書けるようになりました。これから日常のいろんな出来事などを書き込んで行きたいと思います。

今週は、研修医の本多釈人先生、斉田天先生と一緒にジュネーブであるEuropean Wound Manage Association(EWMA)の2010年annual meetingに来ました。一番の目的はTotal Nutritional Therapy (TNT) for Wound Careを日本に持ち込むために、まずはこれを受講することです。

東口高志先生(藤田保健衛生大学医学部外科学・緩和ケア講座教授)と一緒に参加しています。相変わらずかっこいいですね(写真)。
-27" />
そして、偶然にも講師の一人が、私のアメリカ時代のボス、Stephen F. Lowry先生がNew YorkのCornell Medical Centerに居る時に彼の元で教室で研究をしていたANNABEL E. BARBER, M.D., F.A.C.S. (現在はネバダ大学の女性外科教授)でした。直接お会いするのは初めてでしたが、研究室の仲間の話や、Lowry先生が離婚して今の奥さんと一緒になるときの話も教えてくれて、有意義な(?)情報を得ることができました(写真)。
[caption id="attachment_29" align="alignnone" width="300" caption="研究室の同門、ABEL E. BARBER先生と。"][/caption]
スイスの街は美しいのですが、街の真ん中でレストランが多くあるところで昼間から”Sex Center”という名前の売春業が営業されております(写真)。この仕事は完全に合法的であり、そこで働く女性達はちゃんと税金も支払う社会的に認知されたまっとうな職業なんだそうです。ただ女性達はマッチョが多く、華奢な日本人には向いてないかもしれません。
[/caption] [caption id="attachment_47" align="alignnone" width="300" caption="本多先生と斉田先生もいっしょに写真を撮ってもらいました。"][/caption]

ICU患者一人にNsが一人という規則だそうです。日本の倍ですね。また院内にはICUがいくつかあるのですが、このICUの一画に必要なものは全てそろうように物品が配置されています。日本のように遠くまで取りに行かなくていいということです。またICUベッドのすぐ前にワークステーションがあり、そこにその患者担当の医療者チームが仕事をしています(写真)。潤沢な資金がないとこうはいきませんよね。日本が医療費は安すぎるのもありますが、一番の問題は使い方がうまくないのでしょうね。
[caption id="attachment_31" align="alignnone" width="300" caption="各ICUベッド前のワークセンター"][/caption]
ドクターカーやヘリで出かける時に持って行く鞄がとてもかっこ良かったです。ここに全て詰まってるっていう感じですね(写真)。
[caption id="attachment_30" align="alignnone" width="300" caption="ドクターカー&ヘリ出動用のバックパック。"][/caption]

他のヨーロッパの国々の例に漏れず、ここでも喫煙はまだ一般的なようです。病院内のキオスクにタバコが「TOBAK」という看板とともに堂々と売られていました。
[caption id="attachment_32" align="alignnone" width="300" caption="病院内のキオスクでは堂々とタバコが売られている。しかも看板まで出ています。"][/caption]

院内には患者とその家族用に本やDVDを貸し出す図書館がありました(写真)。僕たちが入るなり、優しい係のおばちゃんが”May I help you?”と寄って来て、とても親切にシステムを教えてくれました。感染が心配じゃないのかな、と聞いてみたら、移植等で免疫用製剤を飲んでいる患者に渡すときは消毒するといって、ぞうきんで拭く真似をしてました。う〜ん、それでもな〜。大丈夫なんかな?
[caption id="attachment_34" align="alignnone" width="300" caption="患者と患者家族用に本やDVDを貸し出す図書館があります。"][/caption]
[caption id="attachment_36" align="alignnone" width="300" caption="コペンハーゲン大学病院の前で"][/caption] CIMG0251 夕方から、Carolineにさっと観光につき合ってもらったのですが(有名な建物の“外観”は1.5時間で見るだけは見れます)、店やミュージアムはだいたい午後4時で終了です。とにかくこの国の人は自分の人生をゆっくりと楽しむことが大好きなようです。

夜はCarolineも一緒にみんなでレストランで食事しました。屋外のテーブルを陣取ったのですが、地球温暖化のせいか、スコールのような大雨に見舞われれましたが、それでも気にせずに談笑しながら食べ続ける人たちも居て、本当におおらかな国民性です。

CIMG0251 CIMG0251-レストランで大雨の動画

初めてのブログなので、要領を得ませんでしたが、今度からいろいろかきこみます。読んで下さってありがとうございました。機会があったらいつでも兵庫医科大学救命救急センターに遊びに行きて下さい。

ジャーナルクラブ

  • Helmerhorst HJ, Schultz MJ, van der Voort PH, Bosman RJ, Juffermans NP, de Wilde RB, van den Akker-van Marle ME, van Bodegom-Vos L, de Vries M, Eslami S, de Keizer NF, Abu-Hanna A, van Westerloo DJ, de Jonge E:Effectiveness and Clinical Outcomes of a Two-Step Implementation of Conservative Oxygenation Targets in Critically Ill Patients: A Before and After Trial.Crit Care Med. 2016 Mar;44(3):554-63. 布施知佐香
    (2016年09月23日)
  • Liu W, Hu L, Chou PH, Liu M, Kan W, Wang J:Comparison of anterior decompression and fusion versus laminoplasty in the treatment of multilevel cervical ossification of the posterior longitudinal ligament: a systematic review and meta-analysis.Ther Clin Risk Manag. 2016 Apr 26;12:675-85. 福井周作
    (2016年09月16日)
  • Sierink JC, Treskes K, Edwards MJ, Beuker BJ, den Hartog D, Hohmann J, Dijkgraaf MG, Luitse JS, Beenen LF, Hollmann MW, Goslings JC; REACT- study group:Immediate total-body CT scanning versus conventional imaging and selective CT scanning in patients with severe trauma (REACT-2): a randomised controlled trial.Lancet. 2016 Aug 13;388(10045):673-83. 岡本彩那
    (2016年09月02日)
  • Ane Uranga, MD; Pedro P. España, MD; Amaia Bilbao, MSc, PhD; Jose María Quintana, MD, PhD;Ignacio Arriaga, MD; Maider Intxausti, MD; Jose Luis Lobo,MD, PhD; Laura Tomás, MD; Jesus Camino, MD;Juan Nuñez, MD; Alberto Capelastegui, MD, PhD; Duration of Antibiotic Treatmentin Community-Acquired Pneumonia A Multicenter Randomized Clinical rial ;JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2016.3633 Published online July 25, 2016. 岩田隆一
    (2016年08月26日)
  • Laurent Azoulay, PhD; Kristian B. Filion, PhD; RobertW. Platt, PhD; Matthew Dahl, BSc; Colin R. Dormuth, ScD; Kristin K. Clemens, MD, MSc; Madeleine Durand, MD, MSc; Nianping Hu, MD, PhD; David N. Juurlink, MD, PhD;J. Michael Paterson, MSc; Laura E. Targownik, MD, MSHS; Tanvir C. Turin, MD, PhD; Pierre Ernst, MD, MSc; and the Canadian Network for Observational Drug Effect Studies (CNODES) Investigators:Association BetweenIncretin-Based Drugs and the Risk of Acute Pancreatitis:JAMA Intern Med. doi:10.1001/jamainternmed.2016.1522Published online August 1, 2016.  坂田寛之
    (2016年08月19日)

 

 

モーニングレクチャー

  • Lavrentieva A.,1* Depetris N.,2 Rodini I.1:ANALGESIA, SEDATION AND AROUSAL STATUS IN BURN PATIENTS: THE GAP BETWEEN RECOMMENDATIONS AND CURRENT PRACTICES:Annals of Burns and Fire Disasters – vol. XXX – n. 2 – June 2017 (文献発表形式)   藤木惇也
    (2017年10月31日)
  • Writing Group for the Alveolar Recruitment for Acute Respiratory Distress Syndrome Trial (ART) Investigators:Effect of Lung Recruitment and Titrated Positive End-Expiratory Pressure (PEEP) vs LowPEEP on Mortality in Patients With Acute Respiratory Distress Syndrome A Randomized Clinical Trial:JAMA 2017;318(14):1335-1345.      (文献発表形式) 藤澤開
    (2017年10月27日)
  • Mauri T, Turrini C, Eronia N, Grasselli G, Volta CA, Bellani G, Pesenti A:Physiologic Effects of High-Flow Nasal Cannula in Acute Hypoxemic Respiratory Failure.Am J Respir Crit Care Med. 2017 May 1;195(9):1207-1215.      (文献発表形式)   蘆田佑
    (2017年09月29日)
  • Compher C, Chittams J, Sammarco T, Nicolo M, Heyland DK:Greater Protein and Energy Intake May Be Associated With Improved Mortality in Higher Risk Critically Ill Patients: A Multicenter, Multinational Observational Study.Crit Care Med. 2017 Feb;45(2):156-163. (文献発表形式)  幡高次郎
    (2017年09月28日)
  • Hatta K, Kishi Y, Wada K, Takeuchi T, Ito S, Kurata A, Murakami K, Sugita M, Usui C, Nakamura H; DELIRIA-J Group:Preventive Effects of Suvorexant on Delirium: A Randomized Placebo-Controlled Trial.J Clin Psychiatry. 2017 Aug 1. pii: 16m11194.  (文献発表形式)   岡本莉奈
    (2017年09月27日)