病院前救急診療(プレホスピタルケア)

早く搬送よりも早く処置することで救命を!

プレホスピタルケアは病院前救急診療のことで、傷病者が搬送されるのを病院で待つのではなく、医師や看護師などの医療従事者が疾病や災害が発生した場所へ直接向ったり、近くまで移動し超急性期に緊急処置や診断を行うことです。

プレホスピタルケアの充実は傷病者の救命率を向上させたり、社会復帰へ繋げることが可能となります。当センターでは24時間365日対応でプレホス運営しており、出動件数は飛躍的に増加しています。

about_3内因性疾患は、心疾患や脳卒中、心肺停止、消化管出血によるショックなどが対象で、外因性疾患は、交通外傷による多発外傷、多数傷病者発生事案、墜落外傷や作業現場での労災事案など幅広く内因内因疾患の如何を問わず、また0歳からすべての年齢層に対して出動し医療活動を行っています。


pre_2出動する医師に関してはプログラムに基づいて十分なトレーニング・指導を行った上で出動しています。また消防等を交えFeedback検証会も行っています。

プレホスを学びたい方、他院で立ち上げを考えておりそのノウハウを学びたい方是非お待ちしております。